ポリフェノールでむくみ解消!ポリフェノールがむくみに効く理由

ポリフェノールがむくみに効く理由

ポリフェノールと聞くとむくみにあまり関係ないと思われる要素があります。
その理由は、むくみよりも動脈硬化と言ったものに対して抜群の知名度があります。

 

しかし、実際にはむくみに関して大きな関係があるのです。
そもそもポリフェノールとは一体何なのか、それは植物が持っている色素に関係しています。
植物は日光が当たって細胞が壊れないようにするために非常に大きな防御機能を持っています。

 

それが、ポリフェノールという抗酸化作用を持った色素になります。
紫外線が植物の葉に当たると、活性酸素が発生します。
その活性酸素によって細胞内のDNAの損傷を防ぐために作られたのがポリフェノールという抗酸化色素です。

 

注意すべき点は、多くの赤色の色素の総称をポリフェノールと呼んでいることなのです。
アントシアニンやカテキンといった成分もポリフェノールの分類の中に入っています。
ですから、ポリフェノールと言っても何の植物のポリフェノールかを確認する必要があります。

 

 

トランス-レスベラトールという成分が多くこの成分を摂ると非常にむくみに対して効果があります。
摂取の為にはサプリメントやジュースが手軽で確実です。

 

むくみにポリフェノールが効果がある理由は、血管の老廃物を減らしたり、むくみの原因になっている脚の静脈の筋肉の凝りをほぐす効果があるからです。
血管内の老廃物が減少をすると、細胞にたまっている老廃物を取り出す作用が大きくなります。

 

そのため、リンパ管の老廃物が取り除かれるようになります。
静脈やリンパ管に老廃物がたまらなくなるため、自然とむくみが解消されるようになります。
つまり直接、むくみの原因になっている水分と言った部分に作用している訳ではなくて、水分を追い出す部分の組織を助ける作用があります。